こんばんは、まいこです!

JRDBの橋浜保子さん

https://twitter.com/hashihama?lang=ja

現役競輪選手の垣外中勝哉さん

https://twitter.com/bakenjin1

http://blog.livedoor.jp/keirinkai/

(    ↑   垣外中さんのブログです。)

に連れて行っていただいた

栗東トレーニングセンター(栗東トレセン)の続きです。

 

今回は、競走馬診療所編です!

競走馬診療所というのは、その名の通り

競走馬のための診療所のこと。

では、突然ですがここで簡単なクイズを1つ!

栗東トレセン関係の方々は

競走馬診療所のことを略して

何と呼ぶでしょうか?

 

カメラマン榎田さんが後日、栗東トレセンで

撮影してくださった競走馬診療所のお写真を

3枚貼らせていただくので、全て見終わる前に

答えを考えてみてくださいね!







いかがですか?

競走馬診療所の通称がわかった方は

挙手をお願いいたします。

 

これは、ランチをご一緒させていただいた

古川吉洋騎手(愛称は、フルキチさん)の

お父さまに教えていただいたことなのですが

栗東トレセン付近には病院が2つあるので

「ひとしん=外にある人間用の診療所(病院)」

「うましん=競走馬診療所」

と呼ばれているのだそうです。

 

…というわけで、正解は「うましん」。

見事的中された方はいらっしゃいましたか?

私は、この「ひとしん」「うましん」という

呼び方が面白いなぁと、とても印象深かったので

クイズ形式にしてみました。

お付き合いいただいた方がいらっしゃいましたら

ありがとうございました(^^)

 

さて、本題に戻りますね。

上記に貼ったお写真の中の一角に入院馬房があり

そちらを見学させていただきました。

こちらの入院馬房は、写真撮影が禁止

されているようでしたので

私は競走馬診療所付近の写真は

撮らなかったのですが

私が栗東トレセンにお邪魔した翌週

お仕事の合間に榎田さんが撮影してきて

くださって、大変感謝しています。

 

また、なかなか入ることのできない

入院馬房は、そちらに勤務されている

西條勇さんと言う方のご厚意により

見学させていただけることになりました。

(橋浜さんと西條さんは長年のお付き合いが

あるようで、お二人のお力により見学させて

いただくことができました。本当にありがたいです。)

 

橋浜さんが書かれた本

『競馬「ここ」に騙されるな 厩舎ver』







P70~P72ページに西條さんのことが掲載されていて

厩務員をされていた頃から

競馬ファンの方々に大変愛されていた方

なのだということがよくわかりました。

 

初めましての私にもとても優しくしてくださって

「何でも聞いて!  わかることなら何でも答えるよ。」

と仰ってくださり、色々とご質問をさせていただきました。



お会いした週の週末に、京都競馬場に

いらした時の西條さんのお写真を

いただきました。(撮影:カメラマン榎田さん)

 

お顔やその雰囲気から溢れ出ている

優しい西條さんのお人柄が伝わりますでしょうか?

私がお会いした時は、お仕事着の西條さんでしたが

スーツ姿もお似合いです!

 

西條さんから教えていただいた

お話や、入院馬房の光景は

初めてお聞きすること

初めて目にすることばかりで

私にとっては衝撃の連続でした。

 

華々しくデビューし、順調にレースを勝ち上がり

スポットライトを浴びて活躍する競走馬がいる反面

怪我や手術などから懸命に復帰しようと

頑張っている競走馬や、競走馬としての役目を終えて

人知れず様々な運命を辿る競走馬もいるという事実も

ほんの少しですが知ることができました。

 

西條さんのお話を伺い

入院馬房を見学させていただいて

もっともっと色々なことを知りたい

競馬や競走馬と真剣に向き合っていきたいと

強く感じました。

特別な経験をさせてくださった橋浜さん

西條さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

栗東トレセン  競走馬診療所編は以上です。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です